コラボはプロのように:チームワークの成功に最適なソフトウェアとツールを見つけよう!

コラボはプロのように:チームワークの成功に最適なソフトウェアとツールを見つけよう!

会社で働くことからリモートワークまで私達の働き方は常に進化しています。これらの働き方の変化にも関わらず一つのものは永続的にに残っています。それはいわゆる、リモートチームとハイブリッドチームを連携させるコラボレーションツールの必要性です。

Alisha Widianti
最終更新日:2024年1月30日
collaboration and productivity tools

会社で働くことからリモートワークまで私達の働き方は常に進化しています。これらの働き方の変化にも関わらず一つのものは永続的にに残っています。それはいわゆる、リモートチームとハイブリッドチームを連携させるコラボレーションツールの必要性です。

多数の選択肢が存在する現在のマーケットでは、最適なコラボレーションツールを選ぶことを不可能に感じることは多くあるでしょう。そのため、ここで私達は最適と最高なコラボレーションツールを紹介いたします!

コラボレーションソフトウェアがどのようにリモートとハイブリッドチームの連携に活躍するかを探索していきます。それに伴って、コラボレーションソフトウェアの利点、ツールを選ぶ際に不可欠な特徴、または私達のおすすめについて探索していきます。

さて始める前にコラボレーションツールとは何か確認していきましょう。

コラボレーションツールとは?

チームの連携に必要なコミュニケーションをソフトウェア化したものをコミュニケーションツールと想像しましょう。これらのツールがワークフローの向上や作業プロセスの簡単化に貢献するとさらに良いでしょう。

コラボレーションツールがあるとチームにできること:

  • グループ、チーム、利害関係者と直接のコミュニケーションとコラボレーション

  • 一つのプラットフォームで情報と知識の共有

  • 共にアイデアのブレーンストーミング

  • より重要なインサイトとレポート作成のデータにアクセスが可能

  • その他

コラボレーションツールはインターネットがある環境であればアクセスは可能です。そのため、場所と時間問わずアクセスは可能です。

コラボレーションツールの不可欠な特徴とは?

自分のチームのニーズに適するラボレーションツールを選ぶことは難しく感じるでしょう。

ツールによって、一つ一つのツールは多くの特徴を提供できます。しかし、マーケットに利用可能なツールはこれらの不可欠な特徴をチームの統一に特集しています。

コラボレーションツールで頻繁に見つかる特徴を見ていきましょう!

チームでのコミュニケーションをスムーズに

目標や結果を達成するためにコミュニケーションは不可欠です。特にビジネスはコミュニケーションの壁で年間約70億かかっています。

リアルタイムチャットからコメント、通知、さらにはグループ ディスカッションまで、広範なコミュニケーション機能を備えたコラボレーション ツールを探してみてください。これらの機能は、ハイブリッドとリモートチームの二方の進行を保つために不可欠な要素です。

Klever Suiteはプロジェクト、タスク、Wiki ドキュメントなどからタグ付けして相互にアップデートをすることができます。そのため、長い電子メール スレッドに対処する必要はもうありません。

プロジェクト管理とタスクの組織化

ほとんどのチームは複数のプロジェクトやタスクに同時に取り組んでいます。マーケットのコラボレーションツールは様々なプロジェクトおよびタスクの組織化機能を提供し、チームがどこにいても共同作業を最適化できるようにします。

ツールを選択するときはこれらの機能があるツールを探しましょう。タスクボードを使用してプロジェクト可視化、チームメンバーにタスクの割り当て、添付ファイルやファイルを追加、タスクの依存関係を設定できるツール。これらに加えて、タスクオーガナイザー機能も不可欠です。なぜならば、さまざまなプロジェクトで自分に割り当てられているすべてのタスクを常に把握するのに役立つからです。

Klever Suiteはタスク管理とプロジェクト管理の両方が 1 つのプラットフォームにあります。 当社のプロジェクト管理ツールである Klever Project を使用すると、あらゆるプロジェクトを簡単に処理できます。 一方、当社のタスクマネージャーアプリである Klever ToDo は、仕事の内容の整理に役立ち、アクション アイテムに集中できるようにします。

以下は、バックログ機能を備えたKanbanまたはScrumのプロジェクトタイプに応じて、チームがどのようにプロジェクボードを表示しているか示しています。

Klever Project Backlog feature

ドキュメント共有と管理

一つずつ違うフォルダーを開き探すのは面倒な作業です。ドキュメント、リンク、ファイル、などすべてのものが一つでできるアプリを探しましょう。そのツールに本能的な検索ツールがあると更に良いでしょう。

Klever Suiteはドキュメントの共有以外に、 Klever Wiki のチームとオンラインWikiでドキュメントに直接的に作成、編集、コラボレーションをすることができます。

Klever Wikiはプラットフォームを離れることがなく、オンラインドキュメントを直接作成して共同作業ができる、組織化されたWikiスペースです。Klever Wikiではチームで一緒にブレインストーミングを行い、同じドキュメントで直接共同作業することができます。以下にその様子を示します。

collaboration in real time with klever wiki

上記のような重要な機能に優先順位を付けることで、チームに最適なコラボレーション ツールを選択できるようになります。 ただし、最高で理想的のツールとは必ずしも最も洗練されたハイテク機能を備えているわけではないことを覚えてきましょう。 最高で理想的なツールとはチームのニーズに最も適合するツールです。ツールを選択する際はしっかりと時間をかけて、チームにとって正しい選択肢を見つけてください。

まず初めに、チームが現在直面しているコラボレーションをする際の問題を特定しましょう。次に、これらの問題のうちにどれが解決された場合に最も大きな影響を与えるかを探しましょう。 この特定の問題に対処するためにどのようなツールが必要かを判断しましょう。最後に必要なのはこれらに対処できる適切なツールだけです。

コラボレーションソフトウェアの利点とは?

コミュニケーションと情報共有の強化

技術が進歩する中、コラボレーションツールはコミュニケーションと情報共有を促進する力があります。

コメント、通知、グループ チャネル、インスタントメッセージングなどの通信機能があると、チームメンバーはどこにいても簡単にコミュニケーションやアップデートをすることができます。

Klever Suite のメンションとコメント機能をタグ付けて更新して使用すると、プロジェクト、タスク、または Wiki ドキュメントからチームメイトに更新できます。 便利な通知タブを確認することですべてのタスクを確認することができ、常に新しいアップデートを知ることができます。

以下は、仕事のコンテキスト内からチームメンバーをタグ付けする方法で更新示した一例です。これにより、混乱を招くことがある電子メールスレッドから時間を無駄にすることは無くなるでしょう。

プロジェクト管理とタスクの組織化の改善

コラボレーション ツールを使用すると、チームはタスクやプロジェクトをこれまでより適切に管理および整理できます。 また、チームメンバーにタスクを割り当て、期限を設定し、タスクの進捗状況を追跡できます。 プロジェクトのタイムラインを可視化し、タスク間の依存関係を確認することもできます。

プロジェクトにおける全員の進捗状況を監視することは仕事の一部です。 これらのコラボレーションツールのレポートと洞察で、プロジェクトレポートからチームの仕事量を表示し、それに応じて仕事量を管理できます。

以下は Klever Project でプロジェクトレポートを表示する方法です。

Klever Project Report Feature

生産性とコラボレーション文化の養育

コラボレーションツールは、チーム メンバー間のコミュニケーション、知識の共有、アイデアの交換を促進します。 これらのツールを使用すると、リモートチームやハイブリッドチームがプロジェクトやタスクについてコミュニケーションを取ることができ、ドキュメントや添付ファイルを通じて情報を共有することが容易になります。

コラボレーションツールによって促進されるオープンなコミュニケーションは、チーム間のサイロを打破し、チーム間のコラボレーションを促進するのに役立ちます。 チームメンバーはそれらを認識しており、対話に参加することが奨励されています。

コラボレーションツールは、チームがより効率的に連携できるようにするための重要なリソースです。 果たしてすべての問題を解決することは不可能ですが、コミュニケーション、生産性、効率を向上させる素晴らしいものであることは間違いありません。

Jira

最も最適:アジャイルソフトウェア開発プロジェクト

Jiraは、チームがワークフローとプロジェクトを動的に計画、追跡、管理できるようにする直感的で機敏なプロジェクト管理プラットフォームです。ソフトウェア開発プロジェクトに最も一般的に使用されているにも関わらず、JIraのプロジェクト管理は技術者以外のチームにも十分に対応します。

Notion

最も最適:メモ取り、Wiki、タスク、プロジェクト用にカスタマイズされたワークスペース

Notion は、メモ作成、タスク管理、プロジェクト管理、Wikiを一つのツールに組み合わせた、生産性向上とメモ作成のソフトウェアです。 Notionは、柔軟性とカスタマイズオプションで最もよく知られています。

Asana 

最も最適:優れた統合を備えたスケーラブルな作業管理プラットフォーム

Asana は、ユーザーフレンドリーなインターフェース、便利なタスク管理機能、プロジェクトタイムラインビューを備えたパワーフルなプロジェクト管理ツールです。 Asanaは、拡張性と、Gmail、Slack、Microsoft Teams などの人気ツールとの多彩な統合を求めるチームにとって、優れた選択肢です。

Wrike

最も最適:エンタープライズ向けの複雑なプロジェクト管理

Wrikeは高度にカスタマイズ可能なエンタープライズ グレードのプロジェクト管理ツールで、複雑なプロジェクトに最適です。Wrike は、ガントチャート、ファイル共有、タスク管理などの幅広い機能を提供し、あらゆる規模のチームがプロジェクトを計画、追跡、共同作業するのに役立ちます。

ClickUp

最も最適:柔軟なプロジェクト管理

ClickUpは、チームのコミュニケーションの効果とコラボレーションの向上を実現できるクラウドベースのプロジェクト管理ツールです。ClickUpは、タスクの割り当てとステータスのレポート、アラート、カスタマイズ可能なグリッドビューなど、幅広い機能も提供します。

Slack

最も最適:チーム全体の円滑なコミュニケーション

Slackは、世界中の何百万人ものユーザーが使用する共同作業プラットフォームです。 Slackは、ユーザーのリアルタイムなコミュニケーション、ファイルの共有、他の生産性ツールと統合を効率よくできるプラットフォームです。 Slack は、シンプルなデザイン、使いやすいインターフェイス、サードパーティとの統合で人気を博しており、テクニカルチームおよび非テクニカルチームにとって好ましい選択肢となっています。

Klever Suite

最も最適:多用途なプロジェクト管理、Wikiドキュメントの共有、タスクの整理

Klever Suiteは一つの場所でプロジェクトの簡単な管理、タスクの整理、Wiki ドキュメントを作成できる統合ワークスペースです。 そのためツールを切り替える必要はありません。チームは一つの場所でプロジェクト、タスク、Wikiドキュメントを同時に共同作業できます。

Klever Suiteは、あらゆる種類のプロジェクトに対応する柔軟なカンバンボード、すべてのタスクのマスタービュー、簡単にナビゲーションできるシンプルなユーザーインターフェイスなど、幅広い機能を提供します。 すべての作業を一度でできる「All in One」なソリューションを探しているペースの速いチームに最適です。

Backlog

最も最適:ソフトウェア開発プロジェクトとコード管理

Backlog は、ソフトウェア開発チームのタスク、コード、バグを管理するために優れた管理ツールです。Backlog には、簡単なレポートを作成するためのシンプルなプロジェクトボード、ガントチャート、バーンダウンチャートが備わっています。Backlogに組み込まれたコード管理により、チームはプロジェクトと並行してコードを管理できます。

Monday.com

最も最適:カスタマイズされたワークフローによる部門横断的な作業管理

Monday.com は、既存のテンプレートを使用してワークフローを形成したり、ワークフローテンプレートを端から構築したりするのに役立つ作業用オペレーティングシステムです。Monday.comは当初、仕事用コラボレーションツールとして着手しましたが、プロジェクト、CRM、人事、ソフトウェア開発などの管理で人気を得ました。

Trello

最も最適:カンバン方式のプロジェクトと可視化されたタスク管理

Trelloは、チームがプロジェクトで共同作業し、共同で作業を管理できるようにするカンバンスタイルの視覚的な作業管理ツールです。Trello ボードを使用することによってチームメンバーがプロジェクトを簡単に開始できます。チームは、ワークフローに応じてタスクの整理をすぐに開始し、必要に応じて細かい詳細を追加できます。

Google Workspace

最も最適:高度なアクセシビリティによる簡単にスタートが可能

Google Workspaceは、Google カレンダー、Gmail、Googleドキュメント、Googleスプレッドシート、Googleスライド、Google Meet などの共同作業および生産性向上ツールの収集です。 Google Workspaceはチームの規模に関わらず誰にとってでもアクセスがしやすく、簡単に始めることができます。

Smartsheet

最も最適:リソースの管理とレポート作成

Smartsheetは、チームの作業の計画、追跡、自動化、レポート作成などを支援するクラウドベースの作業管理プラットフォームです。Smartsheetは、プロジェクト、タスク、リソースを管理するための幅広い機能を備えたスプレッドシートのようなインターフェイスを備えており、リソースの割り当て、可用性、レポートの生成を簡単に追跡できます。

Microsoft 365

最も最適:強化されたセキュリティと多様なコラボレーションのニーズ

Microsoft 365 は、チームコラボレーションのための生産性向上ツールの一式です。 Microsoft 365 には、Microsoft Word、Microsoft Excel、Microsoft PowerPoint、Microsoft Teams などのツールが含まれています。Microsoft 365は幅広い機能とセキュリティ・オプションを提供するため、生産性、コラボレーション、セキュリティの強化を求めるチームに最適です。

Klever Suiteはプロジェクトの管理、タスクの整理、オンラインWikiドキュメントの作成、すべて一つのワークスペースで実現させることができます。チームにとって使い勝手がよいすべての重要なコラボレーション機能を備えたコラボレーションツールをお探しなら、Klever Suite 以外に探す必要はありません。

Klever Suiteは、あらゆる規模のチームが一つのワークスペースでタスク、Wiki ドキュメント、プロジェクトを共同作業できる幅広い機能を提供します。Klever Suite の強力な機能を今すぐ無料で体験してみてください!

プロジェクト管理
Alisha

この記事を書いた人

Alisha Widianti

Marketing Communications

その他の記事

最新のITトレンドや話題の技術など、明日のビジネスに役立つ情報を発信します

全ての記事を見る
Kanban vs Scrum Project Management Methodologies
Alisha Widianti2023年12月11日

スクラム vs カンバン: その違いとどちらを選ぶべきか?

Agile(アジャイル)において、チームはプロジェクトの成功を協力して達成するために、スクラムまたはカンバンといった2つのプロジェクト管理方法論の中から選択することができます。

Project management presentation on project dependencies
Alisha Widianti2023年12月11日

プロジェクト管理における依存関係を理解するための初心者ガイド

プロジェクトの依存関係をよく理解すると、プロジェクトを開始する前に明確で一貫した計画を定義するのに役立ち、プロジェクト全体の成功に大きな違いをもたらします。 この記事では、重要な用語、依存関係の種類、タスクの依存関係、プロジェクトの依存関係を合理化するためのヒント!

すべての業務を終えるには

たった1つの「Klever」アプリで十分

生産性向上ビジネスアプリ「Klever Suite」 3ヶ月無料トライアルの機会をお見逃しなく!

*トライアルはクレジットカードの登録なしでご利用いただけます。

3ヶ月間無料トライアルを試す